【2021121】 味と匂いの探究(味覚編)  ~味と匂いの科学・文化、そして健康との関わり~

開講中止

講座概要

講座番号 2021121
日程 2021/05/14~08/06 (全10回)
曜日
時間 18:00~19:30
受講料 30,000 円
定員 15 名
会場 旗の台キャンパス
講師 藤田 吉明
福島 宙輝
前橋 健二
川添 和義
原田 努
平野 康次郎
中村 明弘

講座内容

味の科学・文化、健康との関わりを総合的・多面的に学ぶことにより、生活の中で味を楽しむことができるようになります。日々の暮らしが豊かになり、健康の維持・向上にもつながるようなプログラムです。このプログラムでは、味覚を中心に学んでいきます。

【対象】
味や匂い(香り)の科学・文化、そして健康との関わりについて学びたい人
【特記事項】
・受講料とは別に一部実習費(材料費等)が必要です。
・最少施行人数に達しなかった場合は、中止となる場合がありますので、ご了承ください。

講座スケジュール

日程 時間 内容 講師
1 2021/05/14(金) 18:00~19:30 プログラム概要~味の科学・文化・芸術~ 中村 明弘
2 2021/05/21(金) 18:00~19:30 味覚の仕組み 藤田 吉明
3 2021/06/04(金) 18:00~19:30 味覚チェック(味覚診断)体験
4 2021/06/18(金) 18:00~19:30 味覚に関する言葉・表現 福島 宙輝
5 2021/07/02(金) 18:00~19:30 発酵が味に及ぼす影響 前橋 健二
6 2021/07/16(金) 18:00~19:30 良薬は口に苦し~生薬・漢方薬の味~(講義) 川添 和義
7 2021/07/16(金) 19:30~21:00 良薬は口に苦し~生薬・漢方薬の味~(実習) 川添 和義
8 2021/07/30(金) 18:00~19:30 薬の飲みやすさと患児・高齢者の苦い関係(講義) 原田 努
9 2021/07/30(金) 19:30~21:00 飲みやすい薬にする工夫と注意点(実習) 原田 努
10 2021/08/06(金) 18:00~19:30 味覚の障害 平野 康次郎

備考

◆一般目標(GIO)
味や匂い(香り)を楽しむことを通じて日々の生活を豊かにし健康の維持・向上を図るために、味と匂い(香り)の科学・文化、そして健康との関わりについて理解を深め、感性を高める。
◆評価方法
課題レポートと課題発表により評価する。

教材・推奨参考図書

◆教材(教科書、推奨参考図書、プリント等)
授業毎にプリント等の教材を提供する。

講師紹介

藤田 吉明 (フジタ ヨシアキ)
昭和大学薬学部基礎医療薬学講座薬剤学部門 講師
子供たちをくすりの苦味から解放する、高齢者の服薬をサポートする等、くすりの服用性や使用性の改善を通して患者さんの服薬を支援するための研究を行っている。
福島 宙輝 (フクシマ ヒロキ)
九州女子大学共通教育機構 講師
味覚・嗅覚の美的鑑賞、言語化と批評に取り組み、著書に『豊かな人生を引き寄せる「あ、これおいしい」の言い換え力』(2018)がある若手研究者。
前橋 健二 (マエバシ ケンジ)
東京農業大学応用生物科学部醸造科学科 教授
発酵による食材の変化、発酵調味料、味の解析や味覚のしくみなど、「発酵」と「味」について科学的アプローチを続ける調味料研究の第一人者。
川添 和義 (カワゾエ カズヨシ)
昭和大学薬学部臨床薬学講座天然医薬治療学部門 教授
漢方薬,健康食品・サプリメント,民間薬・家伝薬といった天然物にルーツを持つ医薬品の適正使用や新規応用,さらにはこれまで見過ごされていた問題点の発掘と解決に向けた研究を進めている。
原田 努 (ハラダ ツトム)
昭和大学薬学部基礎医療薬学講座薬剤学部門 准教授
子供たちをくすりの苦味から解放する、高齢者の服薬をサポートする等、くすりの服用性や使用性の改善を通して患者さんの服薬を支援するための研究を行っている。
平野 康次郎 (ヒラノ ヤスジロウ)
昭和大学医学部耳鼻咽喉科学講座 講師
新型コロナウィルス感染症で嗅覚・味覚障害が注目される中、昭和大学病院耳鼻咽喉科で鼻科領域の手術・治療を専門とするドクター。
中村 明弘 (ナカムラ アキヒロ)
昭和大学薬学部基礎医療薬学講座薬剤学部門 教授
子供たちをくすりの苦味から解放する、高齢者の服薬をサポートする等、くすりの服用性や使用性の改善を通して患者さんの服薬を支援するための研究を行っている。

開講中止