【2021207】 身近な犯罪をめぐる諸問題(ハイブリッド講座) 

開講済

講座概要

講座番号 2021207
日程 2021/10/04~11/01 (全5回)
曜日
時間 19:00~20:30
受講料 10,000 円
定員 30 名
会場 旗の台キャンパス
講師 城 祐一郎

講座内容

オレオレ詐欺などの詐欺事件、恋愛関係のもつれからのストーカー事件、SNS上でのトラブル、介護疲れによる殺人など、あなたの身の回りでも起きうる身近な犯罪は多数存在します。本プログラムでは、日常的に起きる犯罪や法律問題、更にはそのための捜査の仕方など、刑事ドラマではない実際の犯罪、また、捜査手法などを学習していきます。

※この講座は、オンラインでも受講可能です。
ご希望の方は、申し込み後に『【昭和大学リカレントカレッジ】申込確認』メールが届きますので、「オンライン受講希望」とご返信ください。

【対象】
・犯罪や捜査などの法律問題に興味のある方

【特記事項】
・最少施行人数に達しなかった場合は、中止となる場合がありますので、ご了承ください。

講座スケジュール

日程 時間 内容 講師
1 2021/10/04(月) 19:00~20:30 法律用語や犯罪捜査に関する基礎知識~テレビドラマと実際の捜査の違い、法的に捜査がどのようにコントロールされているか~(講義) 城 祐一郎
2 2021/10/11(月) 19:00~20:30 SNS上で惹起される犯罪、誰もが犯人になり得る身近な犯罪(講義) 城 祐一郎
3 2021/10/18(月) 19:00~20:30 介護疲れ殺人や安楽死をめぐる法律上の諸問題(講義) 城 祐一郎
4 2021/10/25(月) 19:00~20:30 恋愛関係のもつれなどに起因する犯罪~ストーカー事件、リベンジポルノ事件~(講義) 城 祐一郎
5 2021/11/01(月) 19:00~20:30 詐欺罪の法的構造~オレオレ詐欺、無賃乗車(キセル乗車)、つり銭詐欺などの各種詐欺事件~(講義) 城 祐一郎

備考

◆一般目標(GIO)
世の中で起きている犯罪現象を法的角度から正確に理解し,そのための捜査がどのように実施されているのかを知る。
◆評価方法
最終授業後にミニレポートを提出する。

教材・推奨参考図書

(参考図書)
成文堂「医療関係者のための実践的法学入門」

講師紹介

城 祐一郎 (タチ ユウイチロウ)
昭和大学 医学部法医学講座 教授
35年間にわたり検事として犯罪捜査に従事し,特に,東京地検特捜部,大阪地検特捜部で長年勤務し,政治家の贈収賄事件や市長の汚職などの公務員犯罪,更には,銀行が倒産した際の頭取による背任事件など多数の知能犯事件を手掛けてきたほか,殺人事件も多数扱っており,死刑事件にも関与してきた犯罪捜査のスペシャリスト

開講済